アトピーの耳たぶピアス②

2020-08-24

色んな種類を揃えてました

皮膚科を受診しました。病院ではまず問診、いつ頃ピアッシングしたのか、腫れたのはどれくらいなのか聞かれます。

今までつけていた膿みで固まったピアスをほぼ力任せに外し、耳たぶをアルコール消毒し、耳たぶから膿を押し出します。かなり痛かったです。しかし先生の声は優しい。『頑張ってー、あとちょっと』あまりの痛みに看護師さんの手を握ってしまいました。

耳たぶを綺麗にして、そしてチューブ挿入。ファーストピアスは16ゲージだったけど、膿んで穴がぐじぐじになって拡がっていたようで、14ゲージのチューブに決定。挿入自体は痛くない。ただ、通っている感触が気持ち良いものではなかったです。耳たぶの鈍感さに感謝…だって膿んでいるからほぼ生傷だもの…

膿を絞った後はほぼ痛みなく、先生がチューブを結んでくれている。先生いわく、可愛くないけど、これで我慢してねとの事。2か月くらいそのままにするそうです。仕方ないけど、長いなあ…

そして3週間後。腫れもすぐになくなり、赤みもかなりひいてきました。初診から一週間後、再度受診。皮膚科として、症状はもう大丈夫よ!とOKをもらいました。これに懲りてくださいね!と先生。本当にありがとうございます。

病院によって処置は様々だけれども、異常を感じたらやっぱり診察してもらってください。アトピー体質だからこそ膿みやすいのではないかと思います。

今回治療にかかった費用…診察費2000円くらい(初診料含む)。お薬、資材代1回目(滅菌綿棒など)1800円くらい。2回目診察費800円くらい、薬代1000円くらい。お薬は2種類出て、1回目の診察でステロイドなどの混合薬、2回目の診察でゲンタマイシンが出ました。

ここまで読んでくださってありがとうございます。

※この記事は2月頃の事を書いています。もう少し続きます…